介護ニュース
2020年11月27日(金)
 介護ニュース

介護施設に“助っ人”を呼ぼう!「スケッター」指名機能を追加

介護施設に“助っ人”を呼ぼう!「スケッター」指名機能を追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
スキマ時間に福祉現場で働ける「スケッター」
介護など福祉に特化した体験型シェアリングエコノミー「スケッター」を運営するプラスロボは10月19日、「お手伝い」に来てほしい人に介護施設が直接依頼できる「ご指名助っ人」機能をリリースした。

「スケッター」とは介護現場で働く人材を増やすことを目的に、2019年からプラスロボが開始したWebサービスである。「スケッター」をプラットホームとして、異業種から福祉領域への参加者を増やすことが目的だ。

介護資格や介護職場で働いた経験がなくても、自分の得意分野で福祉の仕事に関われるのが特徴。最短で1時間から参加できるため、スキマ時間を利用して働くことができる。

現在「スケッター」登録している人の6割以上が、これまで介護・福祉の仕事に関わったことのない異業種人材で占められている。

「楽曲演奏」や「踊り」、「体操」、「工作」などのレクリエーションスキル、「WEBサイト作成」や「デザイン」、「ライティング」などのインターネットによる情報発信に関わるスキル、「接客」、「事務作業」、「研修サポート」など、様々なスキルを持つ人々が登録している。

スケッター
「ご指名助っ人」機能でタイムリーな人材を確保
今回新たに加わった「ご指名助っ人」機能は、登録者の中から「この人に来てほしい」という“スケッター登録者”に、直接依頼ができるサービス。

これまでは介護福祉事業所が、希望する仕事内容を登録して、それにスケッター登録者が応募するという形で人材を募集していた。

今回加わった新機能は、介護福祉事業所側からの指名制となるので、タイムリーな人材が確保しやすいのがメリットだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社プラスロボのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000046505.html

スケッター
https://www.sketter.jp/
Amazon.co.jp : スケッター に関連する商品
  • ひまわりライフサービス、「ケアマネジャーと紹介会社」に関する調査結果を発表(11月26日)
  • オンラインセミナー「これからの介護予防事業はICTでフレイル対策」、連続開催(11月26日)
  • ヨガスタジオのZEN PLACE、講座「シニアヨガクラスの作り方」を12月開催(11月26日)
  • 介護などの就職を促進。ディップ、「北海道異業種チャレンジ奨励事業」に協力(11月26日)
  • 東晶貿易、老人ホーム利用料に関するアンケート結果を発表(11月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件