介護ニュース
2020年11月27日(金)
 介護ニュース

ウェルモ、独居老人の居宅内モニタリングシステム実証を福岡市にて開始

ウェルモ、独居老人の居宅内モニタリングシステム実証を福岡市にて開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者・要介護者の生活状況を正しく把握
株式会社ウェルモは、2020年11月18日、『電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム』の実証を福岡市にて同月下旬より開始すると発表した。

同システムは、同社と東京電力パワーグリッド株式会社、そして株式会社エナジーゲートウェイの3社が共同で開発を進めているもの。対面・接触を避けながら、高齢者・要介護者の生活状況を正しく把握する「遠隔見守り」の実現が、目指される。

遠隔見守り
より実態に即した介護プランの作成を実現
『電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム』では、家電の利用データなどを基にして、高齢者・要介護者の生活行動や異常状態の推定を行う。家電データの測定では、AI技術を用いた高精度電力センサーを採用。推定結果は、連携されたモニタリングシステムを通じて家族・介護事業所・ケアマネジャーらへ通知される。

これまで、介護サービスを受けていない時間帯における独居要介護者の生活実態は、把握が困難だった。しかし同システムでは、この把握を可能にすることで、より実態に即した介入やプランの作成・見直しを実現。介護の質向上と共に、要介護者の自立支援・重度化防止や家族の負担軽減なども期待できるものとなっている。

チャット機能を用いた情報交換も可能
同システムの実証は、2020年11月下旬から2021年4月にかけて、福岡市内在住の独居高齢者(要支援1・2、要介護1・2)約20名を対象として実施される。対象者の家族・介護事業者・ケアマネジャーらは、生活状況・異常行動の通知を受け取ると共に、チャット機能を用いた情報交換も可能になるという。

なおこの実証は、福岡市実証実験フルサポート事業の支援を受ける形で実施される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

『電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム』 11月より福岡市で実証開始 - 株式会社ウェルモ
https://welmo.co.jp/news/archives/1312


Amazon.co.jp : 遠隔見守り に関連する商品
  • ひまわりライフサービス、「ケアマネジャーと紹介会社」に関する調査結果を発表(11月26日)
  • オンラインセミナー「これからの介護予防事業はICTでフレイル対策」、連続開催(11月26日)
  • ヨガスタジオのZEN PLACE、講座「シニアヨガクラスの作り方」を12月開催(11月26日)
  • 介護などの就職を促進。ディップ、「北海道異業種チャレンジ奨励事業」に協力(11月26日)
  • 東晶貿易、老人ホーム利用料に関するアンケート結果を発表(11月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件