介護ニュース
2021年09月26日(日)
 介護ニュース

高齢者病棟30年の医師が紹介 認知症が進まない話し方

高齢者病棟30年の医師が紹介 認知症が進まない話し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本老年医学会専門医の吉田勝明医学博士による新刊
認知症の症状の進行を食い止める話し方やコミュニケーションについて解説している新刊『認知症が進まない話し方があった』が青春出版社から発売された。

著者は横浜鶴見リハビリテーション病院院長で日本老年医学会専門医、精神科専門医、医学博士の吉田勝明氏である。

吉田勝明
話し方や接し方を変えるだけで変わる進行
吉田勝明氏は高齢者病棟で長年勤務した経験があり、精神保健指定医、日本医師会認定産業医、全日本音楽療法連盟認定音楽療法士でもある。著作『認知症は接し方で100%変わる!』は、韓国語版も発売されている。

認知症は進行性の疾患であるが、身近な人が認知症になった場合、誰もがその進行を食い止めたいと願うものである。ただ、イライラややりきれなさを言葉や態度で認知症の人にぶつけてしまいがちでもある。吉田氏によれば、そんな負の言葉のパワーが認知症を悪化させ、介護を難しくしてまっているという。

同氏は認知症の人に対するアプローチでは「話し方」こそが最も大切だと語る。新刊では話し方や接し方を変えるだけで、認知症の進行度合いが変わるという介護者の話し方とコミュニケーション術などについて、イラストを交えつつ紹介している。

(画像はAmazon.co.jpより)


外部リンク

認知症が進まない話し方があった - 青春出版社
http://www.seishun.co.jp/book/23036/


Amazon.co.jp : 吉田勝明 に関連する商品
  • 対人援助職が現場で使える非言語コミュニケーション(9月26日)
  • 介護従事者も相談できるサービス「みーつけあ介護相談」提供開始(9月25日)
  • 森永乳業から、記憶力の維持をサポートするヨーグルトとサプリメントが登場(9月24日)
  • 現場の課題を解決するスキル リーダーに求められる「8つの技術」(9月24日)
  • 介護の基本!「マンガでわかる 介護入門」発売(9月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件