介護ニュース
2021年04月19日(月)
 介護ニュース

乗れるロボット『RODEM』が、屋外実用に向けた実証実験を実施

乗れるロボット『RODEM』が、屋外実用に向けた実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
『RODEM』が時速12kmで公道を走行
2021年3月8日、株式会社テムザックは、乗れるロボット『RODEM』のシティモビリティ実用化に向けて、プロジェクトを本格始動したことを発表した。3月中に、5Gでの遠隔操作を体験できるイベントと、時速12kmでの公道(車道)実証実験を実施する。

5G遠隔操作による体験イベントは、3月13日と3月14日に東映太秦映画村にて実施。パーキング時に利用する5Gでの遠隔操作機能を応用し、来場者に『RODEM』の遠隔操縦を体験してもらった。

公道(車道)実証実験は3月17日と3月18日に実施予定。自転車と同様のスピードの時速12kmで走行し、他の交通主体への影響を検証する。

RODEM
誰でも乗れるスマートモビリティ『RODEM』
『RODEM』は「誰もが暮らしやすい社会を実現したい」との思いで開発された乗れるロボットで、乗ったまま食事をすることが可能。ベッドや椅子からの乗り移りも簡単で、シートを上げて前かがみの姿勢にすることで洗面や水仕事が楽にできるようになる。

1回の充電で約15km走行可能。狭い場所でも旋回がしやすく、利用者の生活空間を広げ、自立をサポートする。メーカー希望小売価格は980,000円(非課税)。別途、送料と調整費が必要となる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社テムザック プレスリリース
https://www.tmsuk.co.jp/


Amazon.co.jp : RODEM に関連する商品
  • 「離床しながら」ADL・QOLを落とさず褥瘡も ケア・アプローチ講座(4月18日)
  • 介護の「当たり前」を疑う。日本初の介護クリエイターが著書を出版へ(4月16日)
  • 『介護しているあなたが一瞬で楽になる声かけ』短いひと言でハートケア(4月16日)
  • 歩行空間の実現に向けて。バリアフリー情報のオープンデータ化を実施(4月15日)
  • 介護する家族の心が楽になる。蛭子能収さんの認知症エッセイが発売へ(4月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件