介護ニュース
2021年04月19日(月)
 介護ニュース

ZOOMで開催 慢性期循環器疾患のリスク管理・生活指導・運動療法

ZOOMで開催 慢性期循環器疾患のリスク管理・生活指導・運動療法

このエントリーをはてなブックマークに追加
現場で活躍する認定理学療法士が講義
5月13日、株式会社Work Shiftによるオンラインセミナー『セラピストが知っておきたい慢性期における循環器疾患のリスク管理・生活指導・運動療法』が開催される。

このセミナーは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、トレーナーが対象で、費用は2,000円。定員は30名であり、決済はクレジットカードのみとなっている。

講師は理学療法士で高度専門士、3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士、認定理学療法士(循環)、サルコペニア・フレイル指導士、あずま整形外科リハビリテーションクリニックに所属している井上拓也氏である。

Work Shift
主病名が循環器疾患であっても循環器疾患でなくても
高齢化が進む日本では、主病名が循環器疾患以外であっても、なんらかの循環器疾患を併発しているケースが多く、セラピストは日常的に循環器疾患と向き合うことになる。リハビリテーションを担当するスタッフには、循環器疾患に対するリスク管理、生活指導、運動療法の知識が求められる。

このオンラインセミナーでは、「循環器疾患におけるリスク管理・生活指導・運動療法の重要性」「リスク管理」「生活指導」「運動療法」と題しそれぞれ解説される予定となっている。なお、ZOOMアプリが使用され、参加者は当日までにダウンロードしておくことが望ましいとしている。

日時: 5月13日(木) 20:00~22:00 開場19:45
場所: オンライン
(株式会社Work Shiftのサイトより引用)

(画像は株式会社Work Shiftのサイトより)


外部リンク

2021年5月13日(木)オンラインセミナー セラピストが知っておきたい慢性期における循環器疾患のリスク管理・生活指導・運動療法
https://www.workshift.info/seminar/?id=547


Amazon.co.jp : Work Shift に関連する商品
  • 「離床しながら」ADL・QOLを落とさず褥瘡も ケア・アプローチ講座(4月18日)
  • 介護の「当たり前」を疑う。日本初の介護クリエイターが著書を出版へ(4月16日)
  • 『介護しているあなたが一瞬で楽になる声かけ』短いひと言でハートケア(4月16日)
  • 歩行空間の実現に向けて。バリアフリー情報のオープンデータ化を実施(4月15日)
  • 介護する家族の心が楽になる。蛭子能収さんの認知症エッセイが発売へ(4月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件