介護ニュース
2017年11月25日(土)
 介護ニュース

確定拠出年金の投資信託残高が1,000億円を突破 SBI証券

確定拠出年金の投資信託残高が1,000億円を突破 SBI証券

このエントリーをはてなブックマークに追加
市場拡大が期待されている確定拠出年金
10月23日、株式会社SBI証券は、2017年9月末現在、確定拠出年金の投資信託残高が1,000億円を突破したことを発表した。

確定拠出年金には、掛金を加入者自身が拠出する「個人型年金(iDeCo)」と企業が拠出する「企業型年金」がある。SBI証券では、個人向けの「iDeCo」と同社が商品提供機関となる「企業型」の投資信託残高の合計が1,000億円を超えた。

iDeCo
個人投資家の資産形成を支援
昨年まで、「iDeCo」の加入者は、自営業者や勤務先に企業年金や企業型確定拠出年金がない会社に勤めるサラリーマンなどに限定されていた。今年1月から、公務員や専業主婦を含む原則すべての現役世代が利用できるようになり、今後の大きな市場拡大が期待されている。

「企業型」は、企業年金として厚生年金適用事業所単位で実施されているが、2013年の厚生年金保険法改正に伴って、企業年金の柱であった厚生年金基金の多数が解散、または、解散予定になっている。「企業型」は、厚生年金基金に代わる企業年金制度の1つとして、中小企業を中心に市場拡大が見込まれている。

SBI証券では、個人投資家の資産形成において、「iDeCo」が重要な制度であると位置付けし、2005年1月からサービス提供を開始した。そして、「iDeCo」を取り扱う金融機関で初めて、運営管理手数料を完全無料化するなどの先進的な取り組みを進めてきた。

確定拠出年金での投資信託残高が1,000億円を超えたことについて、SBI証券は、これまでの同社の取り組みに対する顧客からの評価結果であるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

プレスリリース 株式会社SBI証券
https://www.sbisec.co.jp/

プレスリリース 株式会社SBI証券 PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p.html


Amazon.co.jp : iDeCo に関連する商品
  • 実証実験スタート 確定拠出年金向け匿名SNS「Monday α版」(11月24日)
  • 認知症の人などの権利を守る成年後見制度の家族介護教室 加須市(11月24日)
  • 『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん』発売(11月23日)
  • ひとりでも大丈夫 女性目線で解説 老後資金完全ガイド(11月23日)
  • 介護のアイドルが誕生!介護のためのダンスDVD『プラスダンス』発売(11月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件