介護ニュース
2020年08月09日(日)
 介護ニュース

介護の負担を軽減するアクティブ・パワーアシストスーツを開発

介護の負担を軽減するアクティブ・パワーアシストスーツを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護作業への適用に主眼をおいた新モデルを開発
株式会社 ジェイテクトは、介護作業への適用に主眼をおいたパワーアシストスーツの新モデルを開発し、2021年販売開始すると発表した。

少子高齢化が進展し人手不足が懸念される社会課題に対処するため、同社は、パワーアシストスーツを開発し、主に製造業向けに日本国内で2018年より販売している。

このような中、介護作業においても作業負担軽減のニーズが高いことが分かったため、金属フレームがなく柔らかい構造で、作業に応じたタイミングと力でアシストする、新しいコンセプト構造のモデルを開発した。

なお、介護作業向けパワーアシストスーツは、J-PAS fleairy(ジェイパス フレアリー)という名称になるとのこと。

パワーアシストスーツ
製品の特徴
同製品は、ベルト巻き上げ機構によるフレームのない新しい構造と、衣服に近いデザインで、装着者にフィットし、動きやすく長時間でも快適に作業が可能だ。

また、センサーによるモーター駆動により、装着者の動きに応じた適正なタイミングで必要な力をアシストする。

さらに、装着者の前面に硬い部材がなく、軽量で装着部が柔らかいため、介助を受ける人にも安全で、介助時だけでなく歩行などの動作にも滑らかに対応できる。

(画像はニュースリリースより)


外部リンク

ジェイテクト ニュースリリース
https://www.jtekt.co.jp/news/200707.html

Amazon.co.jp : パワーアシストスーツ に関連する商品
  • 極きざみ食にまで対応。「介護施設向け宅配寿司」で入居者を笑顔に!(8月9日)
  • 人生100年時代、高齢者が活躍する場「レクリエーション介護士」(8月9日)
  • 医療支援をより多くの人に届ける「ジャパンハート法人プラン」を新設(8月9日)
  • 医療・介護の現場も注目「アロマテラピー検定」9月7日まで受付(8月9日)
  • 施設ケアマネジャーが、高齢者向けの「回想パズル」を考案(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件