介護ニュース
2024年05月21日(火)
 介護ニュース

モリトー、歩行支援機器 「安全懸架装置」の販売台数が35.3%増

モリトー、歩行支援機器 「安全懸架装置」の販売台数が35.3%増

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護・リハビリに活躍する装置
株式会社モリトー(以下、モリトー)の回復期リハビリテーション病院や有料老人ホーム内のリハビリテーション向け歩行支援機器「安全懸架装置」の販売台数が、2023年3月~2024年3月の1年間で35.3%上昇している。

モリトー
リハビリテーションの新時代に挑戦
これまでのリハビリテーションとは転ばないようにすることを目的としていた。しかしモリトーでは安全に転んで限界を知る方法を歩行支援機器「安全懸架装置」を通じて提案する。

この機器は専用のハーネスを装着し、天井走行レールまたはトレッドミルと組み合わせた機器だ。この機器の導入は歩幅と歩行時間の改善、ADL維持・向上や早期の在宅復帰が見込まれており、実際に利用することで脳血管疾患の人から整形疾患の人まで安全に歩行や立ち上がり練習ができるようになる。

また、スタッフにとっては体を支えながらの歩行練習をする必要がなくなるため、スタッフ自身の安心・安全にもつながる。

なお、モリトーでは2024年4月17日(水)~19日(金)にインテックス大阪で開催される西日本最大級の総合展示会“バリアフリー2024”に出展し歩行支援機器・安全懸架装置や介護リフトなどを紹介する予定。気軽に歩行を体験できるスペースも設置するため、ぜひこの機会に足を運んでもらいたい考えだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社モリトー プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/389726

株式会社モリトー ホームページ
http://www.moritoh.co.jp


Amazon.co.jp : モリトー に関連する商品
  • 70歳からは骨が大事!長生きするために転んでも折れない骨をつくろう(5月20日)
  • 徘徊防止シール「ココ!ヨミトリーナ」の販売をスタート(5月18日)
  • 職員の99%が「下肢拘縮の排泄ケアが困難」と回答!適切な拘縮ケアとは?(5月18日)
  • 認知症の症状を8割以上解消「認知能動療法」の無料セミナー(5月17日)
  • 東京メトログループ初!介護付き有料老人ホーム「チャームスイート旗の台」開業(5月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件