介護ニュース
2024年07月20日(土)
 介護ニュース

介護事故の検知・予測を行うAIケアレコーダー『SOIN-G』が登場

介護事故の検知・予測を行うAIケアレコーダー『SOIN-G』が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者の安全な暮らしをサポートする新サービス
株式会社シーディーアイは2024年6月24日(月)、介護事故の検知と予測・予報を行うAI/IoTソリューション『AIケアレコーダー』の第1弾となるサービス『SOIN-G(そわん ガルデ)』の販売を開始した。

同サービスでは、介護施設の居室内における高齢者の安全な暮らしをサポート。介護事故を「転倒」「転落」「離室」「虐待」の4つのカテゴリーに分類し、検知と予測を行う。

居室内に設置された見守り機器が利用者の事故を検知すると、常時見守りデータをサーバに送信。事件・事故の検知と行動分析から危険度を予測し、結果を介護スタッフにプッシュ通知する。

介護スタッフには、AIが計算した「今後1ヶ月以内の事故発生確率」を提供。介護事故の軽減化と事故発生回数の低減に役立ててもらい、長期的には介護事故による死傷者をゼロにすることを目指す。

SOIN-G
高価な専用機材なしで利用可能
同サービスは、居室内に設置した1台の汎用スマートフォンで「AIカメラ機能」「映像音声の一次処理機能」「通信機能」「電源機能」を実施。生成AI技術にも対応するプラットフォームを提供する。

介護施設の規模や居室の状況によって見積もりを提示。問い合わせは同社の営業部担当まで。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社シーディーアイ プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000032413.html


Amazon.co.jp : SOIN-G に関連する商品
  • 無料セミナー 介護拒否を解消しよう 心理テクニックによる対応方法(7月19日)
  • 介護の「やりがい」や「幸せ」を伝える作品募集!最優秀賞には5万円(7月17日)
  • 「健達ねっとSHOP」新商品サプリメントモニターキャンペーン開催(7月17日)
  • 少しの力でもしっかり介助 怪我の予防に 力のいらない介護術(7月17日)
  • 第19回 高齢者福祉実践・研究大会『アクティブ福祉 in 東京'24』を9月に開催(7月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件