介護ニュース
2021年05月15日(土)
 介護ニュース

歩行空間の実現に向けて。バリアフリー情報のオープンデータ化を実施

歩行空間の実現に向けて。バリアフリー情報のオープンデータ化を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
神奈川県や民間企業が保有するデータを活かす
2021年4月9日、株式会社NTTデータ経営研究所と国土交通省は、神奈川県や小田急電鉄株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社そごう・西武、京浜急行電鉄株式会社、株式会社横浜銀行、株式会社東日本銀行と協働してバリアフリー情報を整備し、オープンデータ化することをプレスリリースを通じて発表した。

オープンデータ化するにあたって、各社が保有していたバリアフリー情報のデータフォーマットを統一。統一化されたデータは、今後、バリアフリー情報を提供するサイト・アプリなどに取り込まれ、役立てられる予定となっている。

株式会社NTTデータ経営研究所
移動困難者が自由に移動できる環境構築を目指して
今回、オープンデータ化されるバリアフリー情報は、施設の出入り口の段差やスロープの有無、車いすで通行可能な幅の有無、多機能トイレに関する情報(車いす利用者対応、オストメイト対応、オムツ交換台の有無)、エレベーター情報(車いす利用者対応、視覚障がい者対応)、優先駐車場の有無などとなっている。

株式会社NTTデータ経営研究所と国土交通省は、今後も官民で連携し、バリアフリー情報のオープンデータ化・活用の取り組みを推進していく。

(画像は@Pressより)


外部リンク

株式会社NTTデータ経営研究所 プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/254694


Amazon.co.jp : 株式会社NTTデータ経営研究所 に関連する商品
  • 認知症専門医と金融資産管理専門家の『認知症オンラインセミナー』(5月14日)
  • 入居者の買い物代行業務をサポートするサービス『買い物コネクト』が本格稼働(5月14日)
  • 求人情報も!ザ・ハーモニーが福岡県飯塚市近郊に認知症介護施設をオープン(5月13日)
  • 複雑な介護保険制度をわかりやすく 介護が気になる人や介護職に(5月13日)
  • 高齢者や基礎疾患のある人向け 自宅で楽しめる「お祝い仕出しサービス」が登場(5月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件