介護ニュース
2021年09月26日(日)
 介護ニュース

キユーピー「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

キユーピー「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
運動の機会は減少するも健康への意識が高まる傾向
キユーピー株式会社は、7月2日、キユーピー「やさしい献立」キャンペーンに応募した全国の男女計2,101人のうち、喫食対象者が配偶者・親・おじおば・祖父母などの高齢者で「食べやすさに配慮した食事」を食べている712人を対象として「介護にまつわる意識調査」を2021年3月1日(月)~4月8日(木)に実施した結果を発表した。

まず、半年前と比べた最近の体調変化(複数選択可)についての質問では「運動量が減った」(16.2%)が最も多い一方、「筋肉が落ちた」(14.4%)、「足腰が弱くなった」(13.4%)など、具体的に身体の変化を感じている割合は2020年に比べて低いことが判明。

コロナ禍による自粛生活が続くなか、健康に気を使うなどの自己防衛意識が高まっている様子がうかがえる結果となった。

キユーピー
日持ちする「食事タイプの市販用介護食」の需要増
半年前と比べた買い物方法や場所の変化(複数選択可)については「まとめ買いをするようになった」(23.3%)と「買い物の回数を減らした」(21.7%)が、2020年と同様に高かった。

また、半年前と比べた食事の準備や食事をする状況の変化(複数選択可)では、「外食を控えた」(27.9%)、「冷凍食品や調理食品等の利用が増えた」(17.3%)、「家事の負担が増えた」(17.1%)の回答が昨年に比べて高い割合を示した。

さらに、レトルトなど「食事タイプの市販用介護食(やわらか食)」の利用回数の半年前と比べた変化について尋ねたところ、「増えた」割合が35.5%と昨年と比べて高くなったことが判明。長期保管できて家事負担の軽減にもつながるといった理由から、この利用が進んだものと考えられる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

キユーピー株式会社 プレスリリース
https://www.kewpie.com/newsrelease/2021/2210/


Amazon.co.jp : キユーピー に関連する商品
  • 対人援助職が現場で使える非言語コミュニケーション(9月26日)
  • 介護従事者も相談できるサービス「みーつけあ介護相談」提供開始(9月25日)
  • 森永乳業から、記憶力の維持をサポートするヨーグルトとサプリメントが登場(9月24日)
  • 現場の課題を解決するスキル リーダーに求められる「8つの技術」(9月24日)
  • 介護の基本!「マンガでわかる 介護入門」発売(9月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件