介護ニュース
2021年03月01日(月)
 介護ニュース

認知症とともに「よりよく生きる」備え 5000人診療の専門医の新刊

認知症とともに「よりよく生きる」備え 5000人診療の専門医の新刊

このエントリーをはてなブックマークに追加
「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由
のぞみメモリークリニック院長の木之下徹氏による新刊『認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由 5000人を診てわかったほんとうの話』が発売された。

同氏は日本老年精神医学会や日本老年医学会、日本認知症ケア学会などに所属し、認知症に関する診療を行っている。新刊は224ページで新書判、価格は880円(税別)。出版社は講談社である。

木之下徹
認知症になってもあなたの人生は続く
誰もがかかる可能性がある認知症。誰でもかかることから、人は認知症になることを恐れ、商品につけられた「認知症に効く」「認知症予防に効果」などの謳い文句に注目してしまう。しかし、それらのもので効果が確認されたという確実なデータが示されることはない。

木之下徹氏はかつて、日本初の認知症専門の訪問診療を行い、現在は東京・三鷹市ののぞみメモリークリニックの外来にて認知症の人と向き合っている。木之下氏は認知症になったとしても「なにもわからなくなるわけではない」「なにもできなくなるわけではない」と語る。

新刊では知っておくべき認知症の真実について解説。認知症予防の真実から、診断の真実、症状の真実、治療の真実などを解説している。長年、認知症と向き合ってきた著者だからこそわかる認知症とともに「よりよく生きる」備えの必要性について説いている。

(画像はAmazon.co.jpより)


外部リンク

『認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由 5000人を診てわかったほんとうの話』(木之下 徹):講談社+α新書 - 講談社BOOK倶楽部
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000337828


Amazon.co.jp : 木之下徹 に関連する商品
  • 認知症ケア専門『愛の家グループホーム茅ヶ崎平和町』が3月にオープン!(3月1日)
  • 電通国際情報サービスら4者、高齢者向けオンライン健康づくりシステムを研究(3月1日)
  • 日本年金機構、システム保守作業のため「ねんきんネット」を一時停止へ(2月28日)
  • 利用者の安心と幸福に ケアマネによる合意形成の進め方の要点(2月28日)
  • 認知症専門ナースケアマネによる「認知症ケア」の入門書発売(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件