介護ニュース
2021年04月21日(水)
 介護ニュース

緊急特別オンラインセミナー『脳卒中片麻痺者の麻痺側機能改善の考え方』

緊急特別オンラインセミナー『脳卒中片麻痺者の麻痺側機能改善の考え方』

このエントリーをはてなブックマークに追加
臨床家として教育者として実績豊富な伊藤克浩氏
11月19日と26日、セラピストの底上げを図っているEPoch(エポック)のセミナー『【緊急特別オンライン企画】脳卒中片麻痺者の麻痺側機能改善の考え方』が開催される。

講師は山梨リハビリテーション病院リハビリテーション部副部長の伊藤克浩氏で、参加費は7,700円(税込)である。

EPoch
ADL改善と麻痺側機能改善を同時に目指す
若手の理学療法士や作業療法士が悩みがちな片麻痺の機能改善技術。画一化した治療方法がなく、評価が難しい、早期離床や早期歩行を目指すもどこから着手すべきかわからない、様々な症状が合併して難しいといった困難に苦悩することになる。

このセミナーでは、脳卒中片麻痺者の麻痺側機能改善の仕組みが解説され、運動療法と作業療法によるADL改善、麻痺側機能改善を同時に目指すアプローチの実技提示と症例提示が行われる。

この日講師を務める伊藤克浩氏は、ボバース協会の上級インストラクターでもあり、多数のボバース技術講習会を担当。セミナーでは「片麻痺機能改善のメカニズムについて」「臨床の中で考えるべき評価技術について」「症例提示」が予定されている。

日時: 11月19・26日(木) 20:00~21:30
場所: ZOOMを用いたオンラインセミナー
費用: 7,700円(税込)
(EPochのサイトより引用)

(画像はEPochのサイトより)


外部リンク

【緊急特別オンライン企画】脳卒中片麻痺者の麻痺側機能改善の考え方 - セミナー情報エポック
https://seminar.ep-och.com/seminar/16835


Amazon.co.jp : EPoch に関連する商品
  • 人気商品「おしりスルッと(R)パンツ」さらにラインナップを充実(4月21日)
  • グランメゾン迎賓館京都嵐山、配膳・運搬ロボット「Servi」の実証実験を開始(4月20日)
  • 介護関係者に必携の書が発売!(4月19日)
  • 「離床しながら」ADL・QOLを落とさず褥瘡も ケア・アプローチ講座(4月18日)
  • 介護の「当たり前」を疑う。日本初の介護クリエイターが著書を出版へ(4月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件