介護ニュース
2021年04月19日(月)
 介護ニュース

新鮮な次亜塩素酸で除菌ができる。コンパクトな携帯除菌スプレーが登場!

新鮮な次亜塩素酸で除菌ができる。コンパクトな携帯除菌スプレーが登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
つくりたての次亜塩素酸を持ち歩こう!
2021年2月1日、パナソニック株式会社から、『次亜塩素酸 携帯除菌スプレー DL-SP006』が発売される。同商品は、次亜塩素酸を生成するデバイスを搭載。専用の塩水を電気分解することで、新鮮な次亜塩素酸を作り出すことができる。

次亜塩素酸の生成に必要なのは塩水のみで、アルコールなどの薬品は不要。必要なときに、新鮮な次亜塩素酸を生成できるため、有効塩素濃度が高い状態で、気になる場所を除菌することができる。

メーカー希望小売価格はオープン価格。高さ154mm×幅19mm×奥行き20mm、質量約34g(電池を含まず)とコンパクトで携帯しやすく、コスメ感覚で除菌スプレーを持ち歩くことが可能だ。

パナソニック
スイッチを押して、約1分で使える
『次亜塩素酸 携帯除菌スプレー DL-SP006』は専用の塩水を本体に入れ、電源スイッチを長押しするだけで、次亜塩素酸の生成がスタート。約1分で生成が完了し、除菌したいものにすぐに吹きかけることができる。吹きかけた後は、布などで拭き取り、30秒放置すればOKだ。

アルカリ乾電池(単4形)1本で動作可能。飲食前のテーブルやカートの持ち手部分、便座などの除菌にオススメだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

パナソニック株式会社 プレスリリース
https://news.panasonic.com/


Amazon.co.jp : パナソニック に関連する商品
  • 「離床しながら」ADL・QOLを落とさず褥瘡も ケア・アプローチ講座(4月18日)
  • 介護の「当たり前」を疑う。日本初の介護クリエイターが著書を出版へ(4月16日)
  • 『介護しているあなたが一瞬で楽になる声かけ』短いひと言でハートケア(4月16日)
  • 歩行空間の実現に向けて。バリアフリー情報のオープンデータ化を実施(4月15日)
  • 介護する家族の心が楽になる。蛭子能収さんの認知症エッセイが発売へ(4月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件