介護ニュース
2020年07月16日(木)
 介護ニュース

ヒューマンライフケア デイサービスに認知症予防プログラム 自立支援に

ヒューマンライフケア デイサービスに認知症予防プログラム 自立支援に

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月からはじまる「認知症予防プログラム」
東京都新宿区に本社があり、介護事業、介護教育、研修事業、子育て支援事業などを行っているヒューマンライフケア株式会社は12月26日、同社が運営している全てのデイサービスに、「認知症予防プログラム」を導入すると発表した。開始は2018年1月からとなっている。

ヒューマンライフケア
介護が必要になる最大の原因は認知症
厚生労働省発表の「2016年国民生活基礎調査(概況)」によれば、要介護となる原因は脳卒中などの脳血管疾患が18.4%、高齢による衰弱が12.1%なのに対し、認知症は24.8%と最も多い割合となっている。

認知症になると、現在の医療での根治は難しいとされ、住み慣れた地域で暮らし続けるために、高齢者には日常的な予防の習慣が必要で、既に認知症の可能性がある場合でも、進行させないことが重要となる。

「脳トレ」「運動」「認知機能チェック」
ヒューマンライフケア株式会社のデイサービスの「認知症予防プログラム」で行われるのは、「脳トレプログラム」と「運動プログラム」、「認知機能チェックプログラム」の3つで、「脳トレプログラム」では同社独自の認知症予防教材「認知症に負けない 大人の学習帳」を使用して、認知症の予防と症状の改善を目指す。

また、「運動プログラム」では15年間NHKテレビ・ラジオ体操指導者として番組に出演していた西川佳克氏考案の「にしかわ体操」を採用。手や指を動かすことで脳を刺激し、下半身や体幹を鍛える。

「認知機能チェックプログラム」では東京都総合老人研究所(現・東京都健康長寿医療センター研究所)と筑波大学開発による「ファイブ・コグ検査」を受けることが可能。この検査を受けることで、認知症の前段階である軽度認知障がいの兆候を発見することにもつながるという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒューマンライフケア独自の「認知症予防プログラム」を1月からスタートします。
https://human-lifecare.jp/news/2017/


Amazon.co.jp : ヒューマンライフケア に関連する商品
  • 熊本県が認知症介護研修等の受講者の募集を開始(7月15日)
  • アクシス、NTTドコモの「おくすり手帳システムサービス」と連携(7月15日)
  • 痙縮した手指・肘関節を自宅でストレッチングできる「アームリリースhome」(7月15日)
  • 有料老人ホームに関するWEBセミナーと「エデンの園」のオンライン見学会を実施(7月15日)
  • 親子関係に悩むすべての人に『アドラー式 老いた親とのつきあい方』(7月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件