介護ニュース
2020年07月14日(火)
 介護ニュース

サービス付き高齢者向け住宅などに「Care-wing(介護の翼)」導入

サービス付き高齢者向け住宅などに「Care-wing(介護の翼)」導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護情報を共有し的確できめ細やかなサービスを提供
株式会社学研ホールディングスは、同社のグループ会社である株式会社学研ココファンおよび株式会社ロジックが、介護記録のICT化について連携を開始したと発表した。

学研ココファンが運営するサービス付き高齢者向け住宅では、ケアスタッフによる生活支援サービスと併せて、同社グループでの介護や看護サービスを提供している。しかしながら、対面や電話、FAXなどによる情報共有に、一定の時間や手間がかかることが課題となっていた。

同連携により、ロジックが提供する介護記録サービス「Care-wing(介護の翼)」を導入することで、介護記録のICT化による現場の負担軽減と業務の効率化が図られ、入居者のさらなる満足度向上が期待される。

介護記録のICT化
「Care-wing(介護の翼)」の概要
同サービスを利用することで、従来は紙媒体で行っていた管理がデジタル化され、関係者間での情報共有が容易になるうえに、訪問の抜け・漏れや遅延などのミス防止が図られる。

なお、同サービスでは、スマートフォンをICタグにかざすだけでログインし、事業所への申し送りを音声入力で記録できるため、スマートフォンに不慣れな人でもマニュアルなしで簡単に使いこなせる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

学研ホールディングス プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002819.000002535.html

Amazon.co.jp : 介護記録のICT化 に関連する商品
  • 福祉施設の応対業務は“非接触”で!シャープ、「遠隔応対ソリューション」を発売(7月14日)
  • ツクイ周南久米がハローワーク徳山で会社説明会を実施(7月13日)
  • 専門医が「新型コロナ」+「熱中症」予防の解説マンガを公開(7月13日)
  • ワイグッドケア、栃木県小山市のサービス付き高齢者向け住宅3施設を譲受(7月13日)
  • 高齢者を熱中症から守る、温度変色ステッカー『絶対温管』(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件