介護ニュース
2020年07月14日(火)
 介護ニュース

排泄予測デバイス「DFree」が経産省「IT導入補助金2020」の対象ツールに

排泄予測デバイス「DFree」が経産省「IT導入補助金2020」の対象ツールに

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT導入支援事業者に採択
トリプル・ダブリュー・ジャパンは、6月25日、排泄予測デバイス「DFree」が、経済産業省「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定されたことを発表した。

DFree
従来の排泄ケアにおける課題を解決
「DFree」は、排泄のタイミングを予測する世界初の「IoTウェアラブルデバイス」。4つの超音波センサーを用いて、膀胱の尿のたまり具合を10段階で表示する。

同社は2017年に日本での介護施設向けサービスを、また2018年には日本での個人向けサービスと米国・欧州でのサービスをそれぞれスタート。被介護者ごとに合わせたケアをサポートすることで、被介護者のQOL向上と介護者の負担軽減に貢献している。

まずはウェブサイトをチェック
「IT導入補助金2020」の制度では、A類型・B類型の場合は導入に関する費用の1/2、C類型の場合は3/4、30万円~最大450万円までの補助金を受け取ることが可能だ。

なお、補助金申請についてはgBizIDを申請・取得後、約1週間かかるため、導入事業者には「IT導入補助金2020」のウェブサイトを早めにチェックしてもらいたいとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

トリプル・ダブリュー・ジャパン プレスリリース(valuepress)
https://www.value-press.com/pressrelease/246877

「IT導入補助金2020」のウェブサイト
https://www.it-hojo.jp/

トリプル・ダブリュー・ジャパン ホームページ
https://www-biz.co/


Amazon.co.jp : DFree に関連する商品
  • 福祉施設の応対業務は“非接触”で!シャープ、「遠隔応対ソリューション」を発売(7月14日)
  • ツクイ周南久米がハローワーク徳山で会社説明会を実施(7月13日)
  • 専門医が「新型コロナ」+「熱中症」予防の解説マンガを公開(7月13日)
  • ワイグッドケア、栃木県小山市のサービス付き高齢者向け住宅3施設を譲受(7月13日)
  • 高齢者を熱中症から守る、温度変色ステッカー『絶対温管』(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件