介護ニュース
2021年05月15日(土)
 介護ニュース

介護に向き合うすべての人に 家族を看取った看護師兼僧侶の新刊

介護に向き合うすべての人に 家族を看取った看護師兼僧侶の新刊

このエントリーをはてなブックマークに追加
ケアマネジャーでもある玉置妙憂氏
6月26日、看護師で看護教員、ケアマネジャー、スピリチュアルケア師、高野山真言宗の僧侶でもある玉置妙憂氏の新刊『生きていて。もう死んで。そのはざまで。 ただ、そばにいるということ』が発売された。

この新刊は介護に向き合うすべての人を応援するためのもので、四六判、192ページの単行本。1,430円(税込)の価格にてKADOKAWAより発売中である。

玉置妙憂
さまざまな事例からのアドバイス
夫を自宅で看取った経験がある玉置妙憂氏。玉置氏は最後の数か月間、夜1時間おきに起きなくてはならない生活が続いたことで「いっそのこと死んでくれたら」と思ってしまったと語る。しかし同時に「ぜったいに死なないで!」という強い思いもあったという。

これらの矛盾と自己嫌悪を抱えつつ介護を続け、夫の死後、その死は自分に責任があるのではないかと思い悩むようになり、心のバランスを崩すこととなる。

新刊ではさまざまな事例からのアドバイスなどを掲載。介護や死の苦しみに加え、介護をする者をさらに苦しめるものについて、経験者だからこそ語れる真実の介護と看取りの助言が掲載されている。

(画像はAmazon.co.jpより)


外部リンク

生きていて。もう死んで。そのはざまで。 ただ、そばにいるということ 玉置 妙憂:一般書 - KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321906000026/


Amazon.co.jp : 玉置妙憂 に関連する商品
  • 認知症専門医と金融資産管理専門家の『認知症オンラインセミナー』(5月14日)
  • 入居者の買い物代行業務をサポートするサービス『買い物コネクト』が本格稼働(5月14日)
  • 求人情報も!ザ・ハーモニーが福岡県飯塚市近郊に認知症介護施設をオープン(5月13日)
  • 複雑な介護保険制度をわかりやすく 介護が気になる人や介護職に(5月13日)
  • 高齢者や基礎疾患のある人向け 自宅で楽しめる「お祝い仕出しサービス」が登場(5月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件