介護ニュース
2022年07月08日(金)
 介護ニュース

介護現場で新しい試みを!「NECサニタリー利用記録システム」の販売開始

介護現場で新しい試みを!「NECサニタリー利用記録システム」の販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護現場の業務効率化を実現
NECプラットフォームズ株式会社は、5月23日より、エッジAIやIoT技術を用いて自動で排泄を検知し、介護職員への通知を実現する「NECサニタリー利用記録システム」の販売を開始した。

排泄
遠隔から状況を見守りながら排泄の自立を支援
「NECサニタリー利用記録システム」は、トイレに後付けできる光学センサを用いた「排泄検知ユニット」と、エッジコンピューティングによるAIエンジンでデータを処理する「制御ボックス」で構成されている。

排泄データは、便座の下に設置した排泄検知ユニットから収集し、利用者のプライバシーを確保したままエッジAIで分析した排泄情報を利用者情報と共に施設職員の専用アプリへ通知するとともに、長時間着座など注意すべき行動も検知し通知する。

デジタル技術を活用しながら介護の質を維持
社会福祉法人ウェルフェア仙台の特別養護老人ホーム大年寺山ジェロントピアでは、今年1月より「NECサニタリー利用記録システム」を先行導入している。職員のアンケート調査によると、職員一人あたり平均月22時間の作業時間の短縮と精神的負担の軽減につながった。

なお、デジタル技術で利用者を見守りながら排泄の自立を促すこの取り組みは介護現場の新しい試み。職員のトイレへの付き添いを必要最小限に抑えながら、施設利用者ひとりひとりに寄り添った質の高い介護の維持に貢献するものとして期待が寄せられている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NECプラットフォームズ株式会社 プレスリリース
https://www.necplatforms.co.jp/


Amazon.co.jp : 排泄 に関連する商品
  • 充実して生きるために!現役医師が新しい在宅医療のロールモデルを解説(7月6日)
  • 北海道内の高齢者住宅に関する悩み事に対応「しあわせの窓口オンライン」開設(7月6日)
  • ハイクラスな介護付き有料老人ホーム『プレザンリュクス南青山』が誕生(7月5日)
  • 在宅看護の限界点を突破!ナーシングケアホーム「結」オープン(7月5日)
  • 【看護師監修】介護のはてなを解決する情報サイト『ケアポケ』が提供スタート(7月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件