介護ニュース
2022年08月12日(金)
 介護ニュース

年金・生活費・資産運用・万一の時 老後のお金の対策

年金・生活費・資産運用・万一の時 老後のお金の対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
無料特典「PDF版電子書籍」付き
6月21日、老後における金銭面の対策を解説している新刊『マンガと図解でよくわかる 老後のお金 本当に必要な金額の答えと今からできる対策』がインプレスから発売された。

著者は経済ジャーナリストで、株式会社回遊舎代表取締役の酒井富士子氏である。同社は金融の分野を専門に紙媒体やWEBコンテンツなどの企画、編集、制作を行っており、新刊はA5判、216ページ、価格は1650円(税込)。購入者には同書と同内容の「PDF版電子書籍」が用意されている。

酒井富士子
大丈夫、年金は増やせます!
2019年、金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書にて「老後30年間で約2000万円の資金が足りなくなる」と発表され、当時、メディアで採り上げられたことにより、国民の間で大きな話題となった。

ただ、酒井氏によれば、この金額はあくまでも平均値であり、古いデータに基づいたものだという。同氏がコロナ禍前の最新の数字を確認したところ、不足分は夫婦2人で約1400万円、単身で約1000万円になるとしている。つまり、年金以外の収入を各自1000万円前後準備すればとりあえずの生活は可能になるのだ。

私たちが受け取る年金は多くないが、老後の備えはしておきたい。新刊では「入るお金」と「出るお金」を把握し、年金を増やす方法などを解説している。自営業やフリーランスはどうすればいいのか、単身者にできること、介護や医療費対策などについても紹介されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

マンガと図解でよくわかる 老後のお金 本当に必要な金額の答えと今からできる対策 - インプレスブックス
https://book.impress.co.jp/books/1121101114


Amazon.co.jp : 酒井富士子 に関連する商品
  • 認知症家族への接し方のきほん 「場面別」かかわり方のポイント(8月11日)
  • 新事業第1弾!オーディーエス「タピアポケット」の販売をスタート(8月10日)
  • 座ったままトイレで用が足せる車椅子、割引キャンペーン中(8月9日)
  • 高齢者専門の精神科医が健康に長生きするための食事術をレクチャー(8月9日)
  • 築地本願寺分院を併設した介護付有料老人ホーム『ドーミー月島駅前』がオープン(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件