介護ニュース
2023年01月27日(金)
 介護ニュース

『おはよう21』12月号 眠れない高齢者に生活の質を高めるケア

『おはよう21』12月号 眠れない高齢者に生活の質を高めるケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
在宅特集「利用者家族との上手な付き合い方」も
中央法規出版が発行する月刊誌『おはよう21』の12月号が発売された。『おはよう21』は介護専門職向けの専門誌で、今号では「昼夜逆転・転倒リスク・夜勤時の対応... 現場の悩みを解決! 眠れない利用者へのケア」を特集する。

また、在宅特集は「利用者家族との上手な付き合い方」であり、マネジメント特集は「離職を防止する採用戦略と人事制度(2) ミスマッチゼロの採用戦略」である。AB判並製、96ページ、価格は996円(税込)となっている。

おはよう21
基礎知識からタイプ別の睡眠障害ケアまで
睡眠は加齢とともに浅くなる傾向がある。年齢により睡眠は変化するが、睡眠障害は利用者の意欲低下、昼夜逆転、転倒・骨折を招く可能性がある。また、利用者の夜間の行動は、介護職の睡眠時間減少、睡眠の質の低下につながる。

『おはよう21』最新号の特集では、利用者の生活の質を高める睡眠の基礎知識とケアを解説。介護現場における睡眠の課題や、睡眠のメカニズム、一日を通して考える睡眠の質を上げるケア、タイプ別の睡眠障害に対するケアのポイントを解説する。

また、利用者の家族との関係に悩むヘルパーは多い。利用者家族と良好な関係を築きたくても、どのように接すればいいのか、どこまで協力してもらうべきなのか、なかなか答えは出ない。在宅特集では、支援をより円滑に進める家族との付き合い方、向き合い方を紹介している。

(画像はAmazon.co.jpより)


外部リンク

おはよう21 (2022年12月号) - 中央法規オンラインショップe-books
https://www.chuohoki.jp/category/C182/6B73.html


Amazon.co.jp : おはよう21 に関連する商品
  • 認知症高齢者の食べる喜びを支えるケア 摂食・咀嚼・嚥下障がいの理解(1月27日)
  • 介護AI記録分析ツール「けあらぽ」販売スタート(1月26日)
  • 若年性認知症の母を在宅介護しているフリーアナウンサーが新刊を発売(1月25日)
  • ケアマネジャー注目!「適切なケアマネジメント手法」の活用方法がわかる新刊登場(1月24日)
  • 介護施設への就職を考えている人に 千葉市の「ちばふくフェア」(1月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件