介護ニュース
2022年11月30日(水)
 介護ニュース

豊橋市、ヤングケアラー支援モデル事業を開始

豊橋市、ヤングケアラー支援モデル事業を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤングケアラーは社会問題のひとつ
豊橋市は、10月26日、愛知県からの受託によるモデル事業として「ヤングケアラー支援事業」をスタートすることを発表した。

ヤングケアラーは、大人が担うはずの家事や家族の世話、介護を日常的に行う18歳未満の子どもをいう。ヤングケアラーは介護によって学業や日常生活に支障が出てしまう、進学や就職を諦める、社会から孤立してしまうといった傾向があり、近年、社会問題のひとつとして挙げられている。

豊橋市
4つの課題から施策を展開
令和3年11月に実施された「愛知県ヤングケアラー実態調査」の結果によると、そもそもヤングケアラーという言葉の認知度が低く相談につながっていないこと、家族のことは話しづらいため相談する子どもが少ないこと、表面化しにくく支援につながりにくいこと、実際にはサポートを求める子どもの多いことがわかった。

そこで、市ではまずコーディネーターを採用し支援体制の強化に努めるほか、パンフレットを配布することで認知度を高め、研修会も開催するなどヤングケアラーの発見・把握から支援までの一貫した支援体制を構築していく方針だ。

ヤングケアラーを知る研修会を開催
「ヤングケアラー支援事業」の一環として市は「ヤングケアラーを知り、気づき、関わる」ための研修会を、11月8日(火)14:00~16:30、ライフポートとよはし コンサートホールにて開催する。

なお、申込期限は11月4日(金)。Web・電話・メールにて現在受付中だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

豊橋市 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000192.000025583.html

ヤングケアラー関係機関研修会 参加申し込みURL
https://www.shinsei.e-aichi.jp/


Amazon.co.jp : 豊橋市 に関連する商品
  • 旅で脳を活性化!楽しく脳を鍛えて認知症を予防しよう!(11月29日)
  • susuROBO、高齢者向け音声認識「スマートランプ」を開発(11月29日)
  • クーリエ、「麻雀がある老人ホーム」ランキングを発表(11月28日)
  • 個別リハビリ・集団リハビリ 特性を踏まえた評価や実践の在り方(11月26日)
  • 食べものがのみこみにくくても楽しめるクリスマス料理の食事会を開催(11月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件