介護ニュース
2017年05月30日(火)
 介護ニュース

『スマート介護』に「かわさき基準」の認証福祉製品が登場

『スマート介護』に「かわさき基準」の認証福祉製品が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
「かわさき基準」認証製品の紹介と販売を開始
プラス株式会社は、介護・福祉施設専用デリバリーサービス『スマート介護』の新カタログvol.4を5月1日に発刊した。同社は、今号より、神奈川県川崎市が策定した「かわさき基準(KIS)」が認証する福祉製品の普及促進サポートをスタートすることを発表した。

かわさき基準
使いやすい福祉製品が普及するために
「かわさき基準(Kawasaki Innovation Standard 略称 KIS)」とは、川崎市独自の福祉製品のありかたを示した基準であり、全国の自治体に先駆けて2008年に策定した。「かわさき基準」は、利用者の“自立支援”を中心概念としており、利用者目線の福祉商品を認証している。

川崎市では、これまでの9年間で「かわさき基準」に基づく製品認証事業を実施し、196製品が基準をクリアしている。そして、川崎市だけではなく、使いやすい福祉製品が全国各地で広く使用されることをめざして冊子化に取り組み、普及事業をすすめている。

プラスでは、この取り組み・理念に賛同し、『スマート介護』の新カタログで「かわさき基準」を紹介した。そして、普及を促進するために認証製品の紹介と販売を開始した。今後は、介護・福祉施設向けに優れた福祉製品の認知向上と普及を図るとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

プレスリリース プラス株式会社
http://www.plus.co.jp/news/201705/001613.html

川崎市 かわさき基準(KIS)認証福祉製品
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/083978.html


Amazon.co.jp : かわさき基準 に関連する商品
  • 南都銀行 「税務・年金無料相談」実施 本支店でPCからも相談可(5月29日)
  • 動画研修で学ぶ「メディパスアカデミー介護」をオープン(5月28日)
  • 在宅患者の救急対応を検討・研究する「日本在宅救急研究会」発足(5月26日)
  • 毎日をもっと楽しく快適に セミオーダーホームワンピース販売(5月25日)
  • SBI証券 女性向け情報配信サイト「iDeCo online」開設(5月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件