介護ニュース
2017年08月17日(木)
 介護ニュース

三原市の地域包括ケア連携シートの情報共有をスタート

三原市の地域包括ケア連携シートの情報共有をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
在宅医療患者の情報共有が可能に
株式会社カナミックネットワークは、同社が提供する「カナミッククラウドサービス」の情報共有プラットフォームを利用して、「三原市地域包括ケア連携シート Zai-Takko三原」の情報共有が可能になり、本格運用を6月からスタートしたことを発表した。同社と一般社団法人 三原市医師会の共同開発により、情報の共有が可能となった。

カナミックネットワークは、“地域包括ケアシステム”に役立つ情報共有システムや、介護事業者向け業務システムなどを提供している。社名は、「介護(カイゴ)」、「活性化(ダイナミック)」、「ICT(ネットワーク)」のキーワードから誕生した。

カナミッククラウドサービス
情報を共有し連携を強化する
超高齢社会が進む日本では、厚生労働省が、2025年をめどとして、高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で暮らしを続けることができるように、医療・住まい・介護・予防・生活支援が一体的に提供される“地域包括ケアシステム”の構築を推進している。

広島県三原市では、医療・福祉・保健の事業所などが2014年に発足させた「三原市地域包括ケア連携推進協議会」が、独自の連携シートを作成して、事業者間の連携強化に取り組んでいる。

「カナミッククラウドサービス」情報共有プラットフォームは、“地域包括ケアシステム”実現のために開発された。在宅ケアを受ける患者・要介護者について、地方自治体、介護サービス事業者、医師、訪問看護師、ケアマネジャーなど、多職種・他法人間でのリアルタイムな情報の共有・集約が可能になる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

プレスリリース 株式会社カナミックネットワーク
https://www.kanamic.net/

株式会社カナミックネットワークのプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/129977


Amazon.co.jp : カナミッククラウドサービス に関連する商品
  • 道銀 道内各地で年金講演会開催 「女性のための年金コース」も(8月15日)
  • 「体験してガッテン! 認知症と脳卒中」看護ケア教室 弘大病院(8月15日)
  • ノバルティスファーマ 本人と家族に「認知症相談ナビ」開設(8月15日)
  • 国民年金と厚生年金の収支決算が2年ぶりに黒字に(8月15日)
  • 「第1回ケアレク学会」を9月23日に横浜で開催(8月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件