介護ニュース
2017年09月20日(水)
 介護ニュース

小学5年生が介護現場に 子どもにとっての介護「奮闘するたすく」刊行

小学5年生が介護現場に 子どもにとっての介護「奮闘するたすく」刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
坪田譲治文学賞などを受賞しているまはら三桃氏
6月28日、まはら三桃氏による新刊「奮闘するたすく」が発売された。この新刊は小学5年生の男の子である佑(たすく)が主人公で、彼の祖父が認知症になり、デイサービスに連れていき、介護現場を子どもの視線で描写した物語である。

著者のまはら三桃氏は1966年福岡県北九州市の生まれ。2005年に「オールドモーブな夜だから(後に「カラフルな闇」に改題)」で第46回講談社児童文学新人賞の佳作に入選、2012年には「鉄のしぶきがはねる」で第27回坪田譲治文学賞などを受賞している。

まはら三桃
介護施設での体験を夏休みの自由研究に
祖父とともに向かったデイサービスで佑は要介護者やスタッフに出会う。友人の一平とともにこの介護施設に通い、その体験を夏休みの自由研究にすることになった彼は、介護する人、祖父を含めた介護される立場の人それぞれの思いに気づかされる。

この新刊は認知症介護漫画「ペコロスの母に会いに行く」の著者である岡野雄一氏が推薦。「ペコロスの母に会いに行く」はテレビドラマ化、映画化、舞台化もされたベストセラーである。「奮闘するたすく」は四六版で240ページ、講談社により1,400円(税別)にて発売中である。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

『奮闘するたすく』(まはら 三桃)
http://bookclub.kodansha.co.jp


Amazon.co.jp : まはら三桃 に関連する商品
  • 『年金の基礎知識・得する年金のもらい方』講座【浦添市】(9月19日)
  • 「Tポイントサービス」はじめました 長野県信用組合(9月19日)
  • 個人投資家の「iDeCo」と「つみたてNISA」の認知度は?(9月19日)
  • アジア最大規模の国際福祉機器展 東京ビッグサイトで開催(9月17日)
  • お正月が楽しみになる「やわらかおせち重」予約開始(9月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件