介護ニュース
2021年09月26日(日)
 介護ニュース

認知機能低下の要因に作用する「ノンアルツBee」、機能性表示食品として発売

認知機能低下の要因に作用する「ノンアルツBee」、機能性表示食品として発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
認知機能低下の要因に作用し、機能維持を図る
株式会社山田養蜂場は、2021年6月16日、認知機能低下の要因に作用する機能性表示食品『ノンアルツBee(ビー)』をリニューアル発売した。

『ノンアルツBee』は、記憶力/注意力/集中力/判断力にアプローチするという食品。酸化ストレスや脳血流低下といった認知機能低下の要因に作用し、機能維持を図るとしている。

認知機能
2025年の日本、認知症と予備群は1130万人以上
内閣府や厚生労働省の発表によると、2025年の日本においては認知症とその予備群とされる人口が1130万人を超えるという。この数字は「65歳以上の高齢者の約3人に1人」に相当するものであり、認知機能への早急かつ効果的な対策が求められている。

また今般のコロナ禍により、高齢者が外出や知人との会話を行う機会は急激に減少した。こうした環境の激変は、高齢者に精神的不安をもたらし、また認知機能の低下を促進させる可能性も危惧されている。認知症対策事業にも取り組む同社は、こうした状況を憂慮。今回、機能性表示食品として『ノンアルツBee』を新たに発売するに至った。

臨床試験結果を根拠として届出が受理された
『ノンアルツBee』は、認知機能低下の原因となる炎症/酸化ストレス/脳血流低下/神経細胞の障がいといった複数の要因に、みつばち由来のプロポリスエキスによってアプローチする食品。記憶力/注意力/集中力/判断力の維持について、臨床試験結果を根拠として届出が受理されたことを受け、機能性表示食品としてリニューアル発売されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

機能性表示食品『ノンアルツBee』 2021年6月16日 リニューアル発売 - 株式会社山田養蜂場
http://beekeeper.3838.com/


Amazon.co.jp : 認知機能 に関連する商品
  • 対人援助職が現場で使える非言語コミュニケーション(9月26日)
  • 介護従事者も相談できるサービス「みーつけあ介護相談」提供開始(9月25日)
  • 森永乳業から、記憶力の維持をサポートするヨーグルトとサプリメントが登場(9月24日)
  • 現場の課題を解決するスキル リーダーに求められる「8つの技術」(9月24日)
  • 介護の基本!「マンガでわかる 介護入門」発売(9月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件