介護ニュース
2020年11月27日(金)
 介護ニュース

高齢者福祉施設の健康管理に!愛の会「LEBER for Business」を導入

高齢者福祉施設の健康管理に!愛の会「LEBER for Business」を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ禍で大活躍するソリューション
株式会社リーバーは、11月18日、茨城県内有数の社会福祉法人「愛の会」が、医療相談アプリ・リーバーを利用した体温・体調管理機能「LEBER for Business」を導入したことを発表した。

リーバー
職員の健康状態を管理者は把握可能に
「LEBER for Business」は、施設や部署ごとの健康状態を“見える化”。管理者は、職員全員のデータを一括してグラフで確認することが可能となる。

機能のひとつ「らくらく体調管理サービス」では、厚生労働省推奨の「新型コロナウイルス感染症軽症者等の健康観察票」に準拠したチャットボットで問診ができるサービスを搭載。

また、医療相談アプリ「リーバー」をインストールすると、医師に家族の医療や健康に関する相談をすることができ、新型コロナウイルスに感染している可能性がある場合でも、近隣医療機関の検索ほか、クリニック受診や保健所、専用相談窓口への連絡など、医師から正しい手順のアドバイスが受けられる。

高齢者施設でのクラスター感染は、入居者の健康状態と施設の経営状態に深刻な影響をもたらすことになりかねない。「LEBER for Business」は、感染回避への第一歩と期待が寄せられている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社リーバー プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000033619.html

リーバー高齢者福祉施設向け ウェブサイト
https://www.leber.jp/nursing/


Amazon.co.jp : リーバー に関連する商品
  • ひまわりライフサービス、「ケアマネジャーと紹介会社」に関する調査結果を発表(11月26日)
  • オンラインセミナー「これからの介護予防事業はICTでフレイル対策」、連続開催(11月26日)
  • ヨガスタジオのZEN PLACE、講座「シニアヨガクラスの作り方」を12月開催(11月26日)
  • 介護などの就職を促進。ディップ、「北海道異業種チャレンジ奨励事業」に協力(11月26日)
  • 東晶貿易、老人ホーム利用料に関するアンケート結果を発表(11月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件