介護ニュース
2021年05月15日(土)
 介護ニュース

8割以上がコロナ禍でも「入居家族と面会したい」と回答

8割以上がコロナ禍でも「入居家族と面会したい」と回答

このエントリーをはてなブックマークに追加
入居家族の「心身の負担を和らげたい」と希望
大和証券のグループ会社で、有料老人ホームの運営など介護関連サービスを手がけるグッドタイムリビングは12月17日、「介護に関する意識調査」の結果を発表した。

新型コロナウイルス感染症の影響によって、高齢者施設に対する意識や行動がどのように変化したのかを把握することを目的とした調査。全国の50代以上の男女、1300名を対象に実施した。

調査結果から、コロナ禍においても高齢者施設に入居する家族への、面会ニーズが高いことがわかった。

調査で「コロナ禍における高齢者施設での面会について」尋ねたところ、「面会を希望しない」人の割合は14%にとどまった。80%以上の人が何らかの形で、入居者とのコミュニケーションを希望している。

その中でも最も多かったのが、「対面での面会(感染対策あり・時間制限等あり)」の45%だった。

高齢者が感染した場合の重症化リスクに配慮しつつも、コロナ禍による“外部環境との遮断”状況が続くことによる心身の負担を懸念し、“直接の面会”が必要だと考える人が多いことがうかがえる。

高齢者施設
6割以上がPCR検査は「公費」で行うべきと回答
「コロナ禍で、高齢者施設にどのようなことを求めるか」との質問に対しても「厚生労働省が推奨する基本的な感染症対策の徹底」(66%)や、「感染者が発生した場合の迅速な公表」(58%)など、地道な対策・対応を求める声が多い。

その一方で、「面会の中止など外部環境との遮断」と回答した割合は、23%にとどまっている。

また「高齢者施設の職員の任意で行うPCR検査の実施」について尋ねたところ、全体の98%が「検査は必要」と回答している。検査費用については、「公費での負担」が66%と最多だった。

マスクなど感染症対策備品の配布と並行して、感染者の早期発見による感染拡大防止を求めていることも、今回の調査で明らかになった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

グッドタイムリビング株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000069721.html

グッドタイムリビング株式会社のホームページ
https://www.gtl-daiwa.co.jp/


Amazon.co.jp : 高齢者施設 に関連する商品
  • 認知症専門医と金融資産管理専門家の『認知症オンラインセミナー』(5月14日)
  • 入居者の買い物代行業務をサポートするサービス『買い物コネクト』が本格稼働(5月14日)
  • 求人情報も!ザ・ハーモニーが福岡県飯塚市近郊に認知症介護施設をオープン(5月13日)
  • 複雑な介護保険制度をわかりやすく 介護が気になる人や介護職に(5月13日)
  • 高齢者や基礎疾患のある人向け 自宅で楽しめる「お祝い仕出しサービス」が登場(5月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件