介護ニュース
2020年06月01日(月)
 介護ニュース

福岡市が医療・介護従事者をシェアサイクルで支援

福岡市が医療・介護従事者をシェアサイクルで支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアサイクルで市内の移動を支援
福岡市は5月12日、医療・介護に従事する人を対象とした支援策として、シェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」の提供を開始すると発表した。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の延長を受けて、シェアサイクル事業を実施しているneuet(ニュート)と共同で実施するもの。

Charichariは、共同で利用できる自転車のシェアサービス。福岡市では今年4月からneuetと共同で、「福岡スマートシェアサイクル事業」として取り組んでいる。

シェアサイクル
15分無料チケット60回分を配布
シェアサイクル支援策の内容は、次の通り。

支援策の対象者は、福岡市内の病院・診療所・介護施設に務める人。

Charichariの利用料金は1分につき4円だが、1回あたり最大15分間まで無料になるライドチケット60回分を提供する。なおライドチケットの有効期限は、受け取りから30日間となっている。

申し込み受付期間は5月11日~5月31日。申込みは、福岡市のWebサイトに表示されているQRコードまたは、Charichariの専用フォームから行う。

(画像は福岡市のホームページより)


外部リンク

シェアサイクルで医療・介護に従事する方の移動を支援します │ 福岡市
https://www.city.fukuoka.lg.jp/

新型コロナウイルスとたたかう医療・介護従事者のみなさまの移動を支援します│ neuet株式会社
https://charichari.bike/campaign/2005ourhero


Amazon.co.jp : シェアサイクル に関連する商品
  • 特別割引キャンペーン中 運動器疾患の鑑別評価と治療のWEB講習会(6月1日)
  • 業界初!介護事業所を中心に「1,000 Vegan Project」をスタート(6月1日)
  • 介護施設の就労管理システムを開発!「CWS for Care」で働き方改革へ(5月30日)
  • 神奈川県、家族が新型コロナで入院した場合の受け入れ施設を設置(5月30日)
  • 踏み間違い・急発進防止装置「あしもと見守るくん」の国交省・先行個別認定が決定(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件