介護ニュース
2020年08月09日(日)
 介護ニュース

看護必要度のデータ分析サービスを8・9月に無償提供

看護必要度のデータ分析サービスを8・9月に無償提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院の重要な施設基準の一つである重症患者割合
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンは、重症患者の割合を見える化するデータ分析サービス「看護必要度モニタリング」を新たに開発し、全国の病院に向けて、8~9月の期間限定で無償提供すると発表した。

重症患者割合は、病院の重要な施設基準の一つであるが、2020年度の制度変更により施設基準が厳格化された上に、提出資料を作成するためのデータソースが変更されたため、病院はその対応に追われている。

このような状況に対処するため、同社は、病院の重症患者割合を手間なく見える化し、関連する業務を大幅削減できる同サービスを開発した。

看護必要度
「看護必要度モニタリング」の概要
同モニタリングサービスは、同社が提供する病院向け経営分析システム「病院ダッシュボードχ(カイ)」の新サービスとして提供され、院内データを同社へ送付すると、重症患者割合をインターネット経由で確認できる。同結果には、厚労省へ提出するデータはすべて網羅されているほか、診療科別・病棟別・月別・日別の切り口でデータを確認できる。なお、同モニタリングサービス単体契約でも利用できる。

また、同モニタリングサービスの利用料は、10月以降、200床未満で月額1.5万円(税別)、200床以上で月額2万円となる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000046782.html

Amazon.co.jp : 看護必要度 に関連する商品
  • 極きざみ食にまで対応。「介護施設向け宅配寿司」で入居者を笑顔に!(8月9日)
  • 人生100年時代、高齢者が活躍する場「レクリエーション介護士」(8月9日)
  • 医療支援をより多くの人に届ける「ジャパンハート法人プラン」を新設(8月9日)
  • 医療・介護の現場も注目「アロマテラピー検定」9月7日まで受付(8月9日)
  • 施設ケアマネジャーが、高齢者向けの「回想パズル」を考案(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件