介護ニュース
2021年01月23日(土)
 介護ニュース

介護施設のクラスター発生を未然に防ぐ「サーモゲート 零-ZERO-」新登場

介護施設のクラスター発生を未然に防ぐ「サーモゲート 零-ZERO-」新登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新テクノロジーで健康と安全を確保
ペブルコーポレーションは、7月6日、非接触で安全を守るサーモセンサー「サーモゲート 零-ZERO-」の販売予約をスタートしたことを発表した。

サーモゲート 零-ZERO-
信頼の “ジャパンメイド”を実現
「サーモゲート 零-ZERO-」は、人力検温で起きるミスと漏れを解決し、通行時に無人で自動検知する「高品質体温検知サーモセンサー」だ。

この製品には、ドアに貼り付けて設置するだけで入場者の体温をわずか0.5秒以内で検知するオムロン社製の高精度センサーを採用。設定温度(37.5度以上)を検知すると端末のLEDが点灯し、アラーム音で警告する。

また、コンパクトなサイズ感にもこだわり、エントランスだけでなく各居室に設置するなど、人の出入りがあるすべての場所に無理なく設置できるのが特徴だ。

なお、価格は2万9,800円(税抜き)。

“ポストコロナ”の時代に活躍
新型コロナウイルス感染症への対応が様々なシーンで進められているなか、発症目安の発熱状態を素早く察知することが感染拡大防止に必要な措置と位置付けられている。

「サーモゲート 零-ZERO-」は、“ポストコロナ”の時代に活躍する画期的な製品。同社は先行予約Webサイトまで、ぜひ気軽に問い合わせしてもらいたい考えだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ペブルコーポレーション プレスリリース
https://pebblecorp.co.jp/zero_release/

「サーモゲート 零-ZERO-」先行予約ウェブサイト
https://product.pebblecorp.co.jp/


Amazon.co.jp : サーモゲート 零-ZERO- に関連する商品
  • ユーキャンのケアマネジャー試験過去問完全解説 最新版(1月21日)
  • 強アルカリイオン電解水「ぴゅあちゃん」、導入施設でウイルス感染症発生ゼロを更新中(1月20日)
  • 介護特化型人材支援サービス「きらケア」、船橋支店とさいたま支店を同時開設(1月19日)
  • iPresence、介護施設や病院向け「テレロボ面会」サービスをスタート(1月19日)
  • 江東年金事務所、職員のコロナ感染で一旦閉鎖。墨田年金事務所に臨時窓口開設(1月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件