介護ニュース
2020年11月29日(日)
 介護ニュース

ラインとスマホで読む! 胸部レントゲン・CT読影インターネット講座

ラインとスマホで読む! 胸部レントゲン・CT読影インターネット講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師・PT・OT・STなどに
8月8日、一般社団法人日本離床学会によるインターネットライブ講座「ケア・リハビリ時の不安を一気に解消 ラインとスマホで読む! 胸部レントゲン・CT読影講座」が開催される。

講師は石巻赤十字病院の谷崇史氏で、受講料は一般が9,800円(税込)、会員が8,800円(税込)。対象となるのは看護師や理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)であるが、それ以外の人でも受講可能である。

なお、この講座により、離床アドバイザー習得コースの理論系1単位が取得できる。

日本離床学会
悩みの解決策は「線(ライン)を読むこと」
胸部写真は複雑であるが、急変や状態悪化に直結する病態は早期発見が重要となる。異常所見を読み、病態を予測しなければならないが、どこを見るべきかわからないといった悩みの解決策は「線(ライン)を読むこと」だという。

この講座では、臨床に活かせる読影技術を学ぶことができる。まず読影に役立つ基本的事項「まずはおさえよう!レントゲン・CT 画像の基礎」が講義され、胸部の解剖を立体的に理解する「正常画像における“線”~3Dでとらえる胸部の解剖とラインのでき方~」が講義される。

その後、「ドレーン・カテーテルと“線” あってはならないラインのずれ」「異常所見と“線” 何が原因?知っておきたい異常時のサイン」「疾患と“線” 重症化を防ぐための読影ポイント」の講義があり、「“今でしょ”はもう古い!?前の状態と今の比較で見る離床時期の判断」を症例形式で学ぶことになる。

日時: 8月8日(土) 10:00~16:10
場所: インターネット生ライブ中継
(日本離床学会のサイトより引用)

(画像は日本離床学会のサイトより)


外部リンク

ケア・リハビリ時の不安を一気に解消 ラインとスマホで読む! 胸部レントゲン・CT読影講座 - 日本離床学会
https://www.rishou.org/seminar/theory/r38-2020-3#/


Amazon.co.jp : 日本離床学会 に関連する商品
  • 高齢者介護事業ブランド「そよ風」、福島のグループホーム2施設の運営をスタート(11月29日)
  • ケーキの街 芦屋会、2020年もクリスマスケーキを高齢者施設などに贈呈(11月29日)
  • MIHARU、シニア向けコンシェルジュサービス『もっとメイト』を提供開始(11月29日)
  • 吉本芸人がナビ。老人ホーム「イリーゼ」、バーチャルツアーを導入開始(11月29日)
  • 時給2200円以上。介護士シェアリングサービス「イチロウ」、東京23区でも展開(11月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件