介護ニュース
2024年04月13日(土)
 介護ニュース

沈黙するワーキングケアラー、3割が職場に介護を伝えず

沈黙するワーキングケアラー、3割が職場に介護を伝えず

このエントリーをはてなブックマークに追加
LIFULL seniorがワーキングケアラーの実態調査を公開
株式会社LIFULL seniorは2月15日、「ワーキングケアラーの実態調査【取り巻く環境編】」を発表した。

仕事をしながら家族など近しい人の介護を行っているワーキングケアラー1,105人を対象に、介護について職場に伝えたかなどを調査したもの。

ワーキングケアラー
調査で自分が介護していることを伝えた仕事関係者について尋ねたところ、1位は「上司」の39.7%、2位が「同僚」の37.2%だった。しかし、3位には「誰にも伝えていない」がランクインしており、その割合は32.2%にのぼる。

介護に携わると、定期的な通院や突発的な体調の変化などで、仕事を休まなければならないケースが発生しやすい。継続的に休みを取得するケースも増えるため、自分が介護していることを職場の人に伝えることは、介護と仕事を両立する上で重要なポイントといえるだろう。

ワーキングケアラーが相談しやすい職場環境作りを!
介護と仕事の両立に当たっては、身近な相談者も必要だ。

ワーキングケアラー
調査では、介護と仕事の両立についての相談先は、「ケアマネジャー」が最多で25.4%だった。次いで、「上司」の20.8%、「同僚」の16.6%、「医師や病院スタッフ」の14.8%と続く。

その一方で、41.3%が「相談したことはない」と回答している。

アンケートを実施したLIFULL seniorは、職場の人事部など管理部門へ相談した割合が9.0%にとどまっていることを指摘している。

近年は、企業の顧問として介護と仕事の両立に専門的な指導や助言を行う「産業ケアマネジャー」の注目が集まっている。産業ケアマネジャーを配置する企業が増えると、介護のことを所属する企業に相談する人も増えていくかもしれない。

さらにLIFULL seniorは、国が定める「介護休暇」や「介護休業」制度についても多くの人に知ってもらいたいと呼びかけている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ワーキングケアラーの4割が、仕事と介護の両立を相談したことがない。「働きながら介護」に必要なことは?|tayorini by LIFULL介護
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/column/report2024-02/

株式会社LIFULL seniorのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000049958.html


Amazon.co.jp : ワーキングケアラー に関連する商品
  • 『アイソカル(R)』から、たんぱく質とカロリーをおいしく補えるゼリーが誕生(4月12日)
  • 介護士限定「ストレスに関する簡単アンケート」結果を発表(4月11日)
  • セミナー 基礎から学ぶサルコペニア・フレイル・栄養・口腔の知識と評価(4月10日)
  • レバウェルスクール介護、介護福祉士国家試験の合格率は93.7%(4月9日)
  • 第47回「タダレク」 中田亮さんとヒラオタケシさんの歌を無料で(4月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件