介護ニュース
2022年09月29日(木)
 介護ニュース

「ドクターX」監修医の失敗 認知症の母と過ごす23年間

「ドクターX」監修医の失敗 認知症の母と過ごす23年間

このエントリーをはてなブックマークに追加
自身の体験と認知症への備え
7月8日、テレビ番組などでおなじみの医師で医療ジャーナリストの森田豊氏による新刊『医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと』が自由国民社から発売された。四六判、224ページ、定価は1,430円(税込)である。

同氏は番組出演のほか、医療ドラマの監修も行っており、中でも『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズは大人気。新刊では著者自身の母の認知症に向き合ってきた23年間などについて語っている。Amazonで同書は、「闘病記」カテゴリ売れ筋ランキング1位を獲得しているという(7月5日・6日)。

森田豊
母に対する医師としての「失敗」
医療行為における「失敗」は命に関わることがある。ドラマ『ドクターX』の主人公の台詞「私、失敗しないので」は、森田氏の医師としての思いが反映されているという。しかし、同氏は自身の母親について「失敗」したと語る。

森田氏が母親の振り込め詐欺被害の知らせを受けたのは2006年11月のこと。母のアルツハイマー型認知症についても知ることになる。その事実は同氏にとって衝撃的なことであるが、思い当たりフシはあった。進行性の疾患を早期に対処できなかったのは、医師として「失敗」だったのだ。

新刊では、母への後悔、反省、どのように認知症を発症し、どう対処し向き合ってきたかを詳述。医師としての経験や知識、母から得た認知症に関する知見をもとに、認知症の予防や改善に役立ちそうな内容も盛り込まれている。家族が認知症の人、医療者や介護従事者などにおすすめの1冊となっている。

(画像はAmazon.co.jpより)


外部リンク

インフォメーション - 自由国民社
https://www.jiyu.co.jp/info/


Amazon.co.jp : 森田豊 に関連する商品
  • 日本老人福祉財団、「高齢者の外出」についての行動実態を調査(9月27日)
  • 北陸銀行×Rehab 介護事業所の書類業務効率化と利用者の生活機能向上を支援(9月27日)
  • AIを活用した『脳の健康チェックフリーダイヤル』の無償トライアルがスタート(9月26日)
  • 無料公開講座「認知症医療の現場は今」10月3日に動画配信(9月24日)
  • 中堅・新人に 肩甲上腕関節の評価と治療のオンラインセミナー(9月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件