介護ニュース
2021年02月25日(木)
 介護ニュース

環境センサーを設置して、「換気の悪い密閉空間」を見える化しよう!

環境センサーを設置して、「換気の悪い密閉空間」を見える化しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
CO2濃度を監視することで、「換気の悪い密閉空間」を改善
2021年1月22日、株式会社MSDは、プレスリリースを通じて、環境ソリューションを活用することで「換気の悪い密閉空間」を改善することを目指す「環境情報可視化ソリューション」をリリースしたことを発表した。

同ソリューションには、TDK株式会社が提供する環境センサー「Silmee(TM)L20」を使用。この環境センサーを施設内に設置し、CO2濃度を継続的に監視することで、換気情報を可視化することができる。

CO2濃度を検知する機能の他に、人感センサーによって施設の混み具合を検知する機能や、気温、湿度、気圧、照度、UVなどの環境情報を計測することも可能だ。

株式会社MSD
換気を適切に行って、感染リスクを抑えよう
「厚生労働省 建築物環境衛生管理基準」では、CO2濃度を1,000ppm以下に維持することを推奨。一般的に、換気が不十分な環境では、空気中のウイルス濃度が高くなることがあるため、適切な換気は、感染のリスクを抑えることにつながる。

株式会社MSDが提供する「環境情報可視化ソリューション」では、環境情報をクラウドで管理。モニタリングデータは、スマートフォンなどでいつでも確認することができる。

(画像は株式会社MSDより)


外部リンク

プレスリリース ゼロ
http://pressrelease-zero.jp/archives/164910

株式会社MSD
https://m-sd.co.jp/service/environmental_sensor/


Amazon.co.jp : 株式会社MSD に関連する商品
  • 日本財団、高齢者施設従事者を対象とした無料PCR検査を開始(2月25日)
  • 染み付いた排泄臭を良い香りに変えるスプレー新発売(2月24日)
  • アスクル、介護・医療の現場を徹底サポート!「衛生・介護用品カタログ」等を発刊(2月24日)
  • 話すだけで介護記録ができるAIアプリに注目!(2月24日)
  • 福祉・介護施設対象「TERRA FORESTA MIST」モニターの募集をスタート(2月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件