介護ニュース
2020年08月09日(日)
 介護ニュース

福祉施設の応対業務は“非接触”で!シャープ、「遠隔応対ソリューション」を発売

福祉施設の応対業務は“非接触”で!シャープ、「遠隔応対ソリューション」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
遠隔接客ソリューション「RoBoHoN」を応用して開発
シャープは、7月10日、医療機関や福祉施設において、タブレット端末により“非接触”での応対業務を実現する「遠隔応対ソリューション」を7月27日よりオープン価格にて発売開始することを発表した。

遠隔応対ソリューション
「遠隔応対ソリューション」の特長
「遠隔応対ソリューション」は、Android(TM)のスマートフォンやタブレット端末を居室のベッド脇とスタッフルームに設置することで、双方向のコミュニケーションを実現するもの。

ビデオ通話機能の映像や音声により、利用者の顔色や体調を確認することができるため、スタッフは個々の居室を見回る必要がなくなる。

また、利用者自らが端末を操作できない場合もあることから、ビデオ通話を自動で開始する機能を搭載したほか、9月のアップデートでは、利用者のプライバシーに配慮するべく、利用者側のカメラをOFFにする機能も搭載する予定である。

さらに、オプションで設置場所や用途に応じ、カスタマイズすることも可能だ。

感染症対策・業務効率化を支援
この新しいソリューションは、新型コロナウイルスなどの感染症対策、ならびにスタッフの業務効率化をサポートするもの。

シャープは非接触での応対を実現することで、対面時間の削減に貢献していく考えである。

※「Robohon」「ロボホン」はシャープ株式会社の登録商標です。

※「Android」はGoogle LLC の商標です。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

シャープ プレスリリース
https://corporate.jp.sharp/news/200710-a.html


Amazon.co.jp : 遠隔応対ソリューション に関連する商品
  • 極きざみ食にまで対応。「介護施設向け宅配寿司」で入居者を笑顔に!(8月9日)
  • 人生100年時代、高齢者が活躍する場「レクリエーション介護士」(8月9日)
  • 医療支援をより多くの人に届ける「ジャパンハート法人プラン」を新設(8月9日)
  • 医療・介護の現場も注目「アロマテラピー検定」9月7日まで受付(8月9日)
  • 施設ケアマネジャーが、高齢者向けの「回想パズル」を考案(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件