介護ニュース
2022年11月30日(水)
 介護ニュース

行動心理症状(BPSD)って何? 評価と介入の考え方

行動心理症状(BPSD)って何? 評価と介入の考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
全2回・オンラインで学ぶBPSD
11月9日(水)と16日(水)、全2回のオンラインセミナー『認知症の行動心理症状(BPSD)を再考する~療法士にとって必要な評価と介入の考え方~』が開催される。

このセミナーは、セラピスト向けの講習会や勉強会の企画、運営や、交流の場の提供しているリハガクによるもので、講師は大阪公立大学講師で博士(保健学)、作業療法士の田中寛之氏である。

費用は通常3800円(税込)であり、リハガクオンライン有料会員は1900円(税込)となっている。

リハガク
基礎知識から評価・解釈・介入の際のポイント
療法士にとって、認知症の人の行動心理症状(BPSD)とはどういうものだろうか。BPSDはリハビリテーションを難しくさせる要因になるが、それは療法士の視点においてのとらえかたであり、認知症当事者の視点ではない。

BPSDに対する介入においては、回想法や音楽療法などによる効果が期待されているが、それだけでは解決できないことも多い。このオンラインセミナーでは、療法士にとってのBPSDをあらためて考察する。

基礎知識、出現モデル、評価・解釈の方法、介入の際のポイント、エビデンスなど、療法士にとって必要なBPSDの知見が講義される。講義時間は計3時間。後日の見逃し配信も予定されている。

日時: 11月9日(水) 20:00~21:30
   11月16日(水)20:00~21:30
場所: zoom利用でのオンライン
(リハガクのサイトより引用)

(画像はリハガクのサイトより)


外部リンク

認知症の行動心理症状(BPSD)を再考する~療法士にとって必要な評価と介入の考え方~ - リハガク
https://reha-gaku.com/3787


Amazon.co.jp : リハガク に関連する商品
  • 旅で脳を活性化!楽しく脳を鍛えて認知症を予防しよう!(11月29日)
  • susuROBO、高齢者向け音声認識「スマートランプ」を開発(11月29日)
  • クーリエ、「麻雀がある老人ホーム」ランキングを発表(11月28日)
  • 個別リハビリ・集団リハビリ 特性を踏まえた評価や実践の在り方(11月26日)
  • 食べものがのみこみにくくても楽しめるクリスマス料理の食事会を開催(11月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    新着ニュース30件